AWSを利用した推奨構成(S3)


【重要なお知らせ】
現在、AWS導入サービスの新規受付を停止しております。

AWS S3はストレージとして、ファイルサーバやバックアップサーバに最適です

AWS S3を利用したシステムの推奨構成をご紹介します。
構成は一例であり、お客様のご要望に合わせた提案を行いますのでお気軽にお問い合わせください。


◆AWS S3 推奨構成(1):バックアップサーバ

お客様拠点とAWSをセキュアな状態で接続し、AWSをバックアップサーバとして利用します。
AWSのアップロードは転送量が発生しないため、バックアップ先としての利用に最適です。
※バックアップサーバからのリストア時には転送量が発生するため、課金対象になります。

AWS S3 推奨構成(1):バックアップサーバ
【こんなお客様に最適です】
・年々増えていくデータのバックアップのコスト削減をご検討のお客様


◆AWS S3 推奨構成(2):オンプレミスとAWSでファイルサーバ構築(ハイブリッド構成)

ファイルサーバをオンプレミスとAWSに用意し、AWSには、使用頻度の低いファイルの保管先、外出先から利用したいファイルの保管先として利用します。
オンプレミスのファイルサーバは、ファイルへのアクセス速度が速いメリットがありますが、容量逼迫時にファイルサーバを追加すると、コストが発生するデメリットがあります。
AWSでファイルサーバを導入した場合、ファイルダウンロード時には、転送量が発生しますが、使用頻度の低いファイルをの保管先とすることでコストを抑えることも可能です。
オンプレミスとAWSの良い部分を利用した構成です。

AWS S3 推奨構成(2):オンプレミスとAWSでファイルサーバ構築(ハイブリッド構成)
【こんなお客様に最適です】
・ファイルサーバの容量不足対策を検討されているお客様