FlowMon新バージョン情報7.0

「FlowMon7.0」で追加された新機能

FlowMonの最新版7.0を、2014年09月15日にリリースしました。

  1. プローブで、NPM(Network Performance Monitor)機能が追加され、往復遅延時間(RTT)、応答時間(SRT)、ネットワークの遅延時間(Delay)、ジッターなどのパフォーマンス情報の表示が可能になりました
  2. コレクタでは、Invea NPMおよびCISCO AVC ART : application response timeのサポート機能を追加サポート
  3. 最大ソースおよびインタフェース数の制限を修正可能になった
  4. 電子メールのアラートに、トップ統計および閾値の挿入部を拡張
  5. 新しいフローソースが追加された場合の追加処理機能を拡張
  6. sFlowパケットのソースIPアドレスとsFlowレコード内のソースIPが異なる場合には、パケットのソースIPを使用
  7. SMTPを拡張し、ポートおよび暗号化の選択を追加
  8. FMC分析に、過去の解析結果を名前を付けて保存可能
    10件分の直近のリストを保存できますので、前のデータとの比較、PDFなどへの出力が可能で、解析処理が改善できます
  9. FMCの分析の画面で、表示するチャネルを選択することが可能
  10. FMCのリストフローで、表示する順番の並び替えの指定が可能
  11. セキュリティのアップデート
  12. 新たにプローブのプラグインとしてトラフィックレコーダ機能をサポートしました。これにより、パケットをPCAPの形式で採集し、WireSharkなどで解析することが出来ますので、強力な障害解析、セキュリティの分析が可能となります。また、10Gbpsの回線にも対応できますので、専用の高価なモニター装置も必要ありません。
  13. 以下、バグフィックス
    • FMC プロファイルの時間によるデータ消去をグラフ上の欠損を防止するため連続的に実施
    • 出力した構成ファイルにフロファイル名が無い場合、このファイルを入力した場合に名前が正しく表示されない修正
    • レポートの中の、NBAR2コードのポート番号への変換を修正
    • エクスポートインタフェースにIPアドレス指定時、DHCPを無効化
    • FMC-VOIPの通話詳細履歴を固定形式化
    • 有効なパケージのリストを、パッケージのインストレーション後自動的に更新