主要製品ラインナップ ~ FlowMon(INVEA-TECH社製品)~

アプライアンス製品

以下の製品群から、お客様のネットワーク環境にあわせた最適な製品を選択すること ができます。

FlowMon プローブ

FlowMon Probe

FlowMon プローブ(IFP:Invea FlowMon Probe) は、基幹スイッチのミラーポート(SPAN)やTAPに接続するだけで、取り込んだネットワークパケットデータからフロー情報(NetFlow)を生成できます。FlowMon プローブを使用した場合、ネットワーク機器みずからがフロー情報を生成しなくても良いため、ネットワーク機器にかかる負荷が少なくて済みます。また、既存のネットワーク機器が、NetFlow などのフローデータを生成できない場合においても、フロー情報を生成できる高価なネットワーク機器に買い換えることなく、NetFlowなどのフロー情報の取得が可能になります。

さらに、FlowMon プローブは、100Mbps~40Gbpsまでの高速回線に対応しており、小規模オフィスから企業LAN、および大規模回線を有するISPのデータセンタまで、あらゆる規模のネットワークに適用可能です。

それに加えて、FlowMonプローブにはミニコレクタ機能が内蔵されていますので(分析機能は専用コレクタとまったく同じです)、コレクタなしでも、プローブ機1台から、気軽にフロー解析が始められます。(ただし、分析データの長期保存や冗長性を重視する場合は、RAID構成の専用コレクタのご使用を推奨いたします)

FlowMon プローブは、これまでのNetFlowなどのフローベースのネットワークトラフィック監視における弱点を克服し、低コストで、安定稼働する、独立した NetFlow 生成装置として、たいへんコストパフォーマンスに優れたソリューションを提供いたします。

■ FlowMonプローブモデル一覧はコチラ =>


FlowMon コレクタ

FlowMon コレクタ(IFC:Invea FlowMon Collector) は、NetFlowなどのフローデータの長期保存が可能な、独立筐体型の専用のアプライアンスです。ストレージ領域はRAID構成となっておりますので、冗長性と分析データの長期保存性を重視する場合は、こちらのコレクタ専用アプライアンス機をご選択ください。

FlowMon コレクタは、FlowMon プローブまたは他社ネットワーク機器等から生成されるフロー情報(NetFlow、sFlow、jFlow)を蓄積し、ネットワークの振る舞いを分析することで、ネットワークのキャパシティプランニングやトラフィック設計に必要なデータを提供します。

また、FlowMon コレクタを使用してネットワーク上の利用者やアプリケーションの振る舞いを完全に可視化することで、ネットワークの品質確保、コストの低減、規律保持など、さまざまな角度からのネットワークの品質向上や、セキュリティポリシーの強化に向けた方策の、論理的な道すじを得ることが可能になります。

FlowMon

■ FlowMonコレクタモデル一覧はコチラ =>


プラグイン製品

プラグインはコレクタへ追加するオプション機能となります。

FlowMon ADS

FlowMon ADS(Anomaly Detection System)は、NetFlowなどフロー統計情報の定常的な評価に基づき、ネットワーク上の異常や不適切な振る舞いを検出する、最新のフローベースのネットワークトラフィック監視ソリューションです。FlowMon プローブまたは FlowMon コレクタへのプラグインとして機能追加することにより実現します。

FlowMon ADS の目標は、NetFlowなどのフロー情報を分析することで、操作上またはセキュリティ上の問題を明らかにし、外部または内部のネットワークセキュリティを強固にすることにあります。

IPS/IDS などの侵入検知システムとの違いは、IPS/IDS が主に外部からの攻撃に対して有効な防御機能であるのに対して、ADS は、内部からの脅威に対しても有効な監視ソリューションであることです。また、その他の優位点としては、望ましくない振る舞いを検知することで、シグネチャベースのセキュリティシステム(IPS/IDS/セキュリティソフト)などでは対応出来ない未知の脅威(ゼロデイアタックなど)にも対応することが出来ることです。

FlowMon ADS1

FlowMon ADS2


■ FlowMonADSモデル一覧はコチラ =>


その他

その他にも、豊富なプラグインがが用意されています。詳細はお問い合わせください。