振る舞い検知とはマルウェア感染において具体的にどのような時に検知できますか?
マルウェア感染後、他端末への拡大フェーズ、機密情報搾取を目的としたサーバへのアクセスフェーズ、また機密情報を外部へ持ち出すためのC&Cサーバとの通信フェーズなどで検知が可能となります。